読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟で くらして

新潟市でお花の教室をしている講師の日常 旅が好き 食べるのが好き 体調微妙な年頃

最近みた映画 家族の映画

最近、立て続けに3本映画を見ました。

3本とも映画館で見ました。

 

職場の同僚友人から試写会のチケットをいただき、一本目。

「ぼくのおじさん」

松田龍平さんが主演です。

f:id:h-kiyo:20161109225724j:plain

 かっこいい おじさんでなくて、だめだめだけど愛すべきチャーミングなおじさん。

松田龍平さんは、こういう路線でいくのでしょうか。

彼の映画をたくさん見ているわけではないけれど、「ジヌよさらば」なども冴えない役どころ。

ドラマ「ハゲタカ」の龍平さんが良かった。

 内容は、展開もわかりやすく、これでいいのだ!とハッピーエンドで終われる 安心して見られる一本でした。

 

久しぶりに映画館で見たことがよくて→DVDだと家の中をついウロウロしてしまいます。

またまた映画館に行きたいという理由から、選んだ一本。

「淵に立つ」

公開終了2日前だったので、定価?で見ました。

広い会場に女性だけ4人だったかな・・・

浅野忠信さんがいいな~なんて気軽に行ったはずでしたが、内容は決して気軽ではなくて。

f:id:h-kiyo:20161107205013j:plain

 俳優さん、皆さん上手なのでしょう、それぞれの存在感が凄い。

若手でいいな~と思っている大賀さんも出ています。

決して面白くない映画ではないけれど、なんとも言えず、後味が悪い。

ご興味のある方はストーリー確認下さい。

 

後味の悪さをすっきりしたいと、「ブリジットジョーンズの日記」見に行こうかな~なんて思っていましたが、神奈川の実家に出掛けた時にもう一本。

新潟での公開はもう少し先です。

f:id:h-kiyo:20161107205031j:plain

評判もいいし、好きなオダギリジョーさんも出演。こんなに早く見られてラッキー^^

と母親と一緒に見に行きました。

ストーリーは伏線がいっぱいあって、それがひとつひとつ回収される 涙涙の内容でした。

是非とも、おすすめの一本です。

ただ、どうしても腑に落ちないことがあって、もう一度確認したいなと新潟の公開を待ちます。

 

偶然か3本ともテーマは家族でした。

それぞれ余りにも違いすぎる視点で家族を描いていて、順番に見るなら、「ぼくのおじさん」を最後に見れば良かったかな。

 

暗くて、重たい内容大好きですが、気楽でハッピーな気持ちの後味がいい。