読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟で くらして

新潟市でお花の教室をしている講師の日常 旅が好き 食べるのが好き 体調微妙な年頃

まだまだ変われる

週末の東中通り

初めての場所は場違いじゃないの という不安な気持ちが・・・

でも、こういう時こそ作っても笑顔で行こうと決めて、ドアを開け。

 

その日は大好きな文筆家甲斐みのりさんのトークショーが、マクロビカフェ「マリールウ」で行われました。

甲斐みのりさんとオーナーは15年以上にわたる親友なのだそうです。

 

甲斐さんは、私の所属するマミフラワーの月刊誌に連載を持っていられます。

2年前の東京セミナーの講演では、「好き」探しをテーマに その前向きな考え方に感銘を受けました。

週末のトークショーも「自分の☆を見つける」

顔の見えない人の付けた評価ばかりに惑わされないで、自分が好きと感じたところだけを信用していく。

そして、いっぱいの「好き」は自分の自信。

人を羨んだり、人と比べることもしなくて良くなるはず。

 

そんなに広くはない店内に4,50人は座ったかと。

最前列で甲斐さんのお話を膝を突き合わせるような距離で聞けて、嬉しくて笑顔が止まらない なんだか泣きそうでした。

 

トークショーの最後には、お決まりの質問は?の問いかけ。

オーナーの、新潟の人は遠慮深いから、後で個人的にお話しでも と一旦止めましたが、甲斐さんの変われる機会です という投げかけに一人二人手が上がり。

最後にもう一人と言われ、手を上げました。

 

質問があった訳ではありません。

ただ、お話しに感銘した感謝を伝えたかった。

 

50年以上生きていますが、知らない人ばかりの中、手を上げて自分の気持ちを話すなんて事、多分一度もないと思います。

職場の打ち合わせ、学校の保護者会 顔を知っている人の中で発表することはあってもです。

自分がしたことのないことをするって不安ですが、何か一つ変われた気もします。

 

そんな貴重な体験をこの歳でも出来たのは、甲斐さんのお話しがあったから。

トークショーを企画してくれた東中通りのマリールウさん、イベントに申し込んでくれた友人のお蔭さまです。

 

人前で話す場面の多い人もいっぱいいます。

慣れてはいるだろうけど、反応だって気になるはず。

だから、人の話は温かい心で聞こうと思います。

 

幸い私は最前列だったので、後ろの皆さんの反応を見れなくてよかったのですが^^;

 

f:id:h-kiyo:20170122211946j:plain

今月、売れたリースの4個目。

京都にお送りしました。