読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟で くらして

新潟市でお花の教室をしている講師の日常 旅が好き 食べるのが好き 体調微妙な年頃

光陰矢のごとし 11月の記憶 Ⅰ

毎日があっという間に過ぎていって・・・

何?忙しい?いや年齢的なもの?

記録しておきたい事、撮っただけの写真がいっぱい 覚えているだけ、取りあえず。

 

国上山登山、五泉の紅葉マラソン 詳しい更新は後日・・・なんて前々回のブログから

あっという間に2週間が過ぎました。

 

2週間前の土曜日も清々しい晴天の日。

予約していた和島のトゥールモンドのレストランのランチと、晴天なら行こう!!と決めていた国上山。

f:id:h-kiyo:20161127221632j:plain

駐車場から歩きます。

2週間前は、まだまだ綺麗な紅葉でした。

f:id:h-kiyo:20161127221659j:plainf:id:h-kiyo:20161127221723j:plainf:id:h-kiyo:20161127221751j:plain

吊り橋を渡って五合庵へ。

高所恐怖症ですが、木に覆われた吊り橋は下が見えにくいため怖さも薄れて丁度良い。

青空に綺麗な紅葉と山頂が・・・

残念ながら、ランチの予約時間が迫っていたため、山頂は目指さず和島へ・・・

のつもりでした。

 

 

国上山から30分くらいで到着 廃校を利用した 和島トゥールモンド。

 

f:id:h-kiyo:20161127222750j:plainf:id:h-kiyo:20161127222809j:plain

f:id:h-kiyo:20161127222830j:plainf:id:h-kiyo:20161127222849j:plainf:id:h-kiyo:20161127222913j:plain

3度目のランチ。

毎回すんなり行けない?なぜか迷う?

けれど、わざわざでも行きたいレストランのひとつです。

 

大満足なランチをいただいた後は寺泊の市場に寄ってお夕飯のおかずを調達。

おかずも調達したし、良い天気だし、せっかくだからもう一度国上山に戻って国上寺をお参りしよう!と。

 

無事にお参りして、登山口からは少々高齢の御夫婦?が下山されてきました。

御夫婦が登れる山だから、一時間位で登って降りられるよね なんて簡単に登山開始。

登り始めは快調~^^v 黄金色に輝く山道は、赤毛のアンの世界~なんて悠長でした。

なぜ 黄金色に輝くか? 夕方が近づいていたからです。

 

結構きつい上り坂、階段 やっと山頂。

山頂でゆっくりもせず、今度は下り。

しかし、下ってもなお、中々駐車場に辿り着かず・・・そして、道中 誰にもすれ違わず

段々と不安な気持ちに・・・

 

薄暗くなった山道からガードレールの車道を見上げて、やっと車道に出ました。

車道から今まで私達が歩いたであろう山道は真っ暗に近くて。

 

駐車場に到着して、本当にほっとしました。

よかったね~誰も転ばず、熊にも遭遇せず→熊はいないだろうとの事ですが。

 

以前見た映画「滝を見に行く」

おばさん6人が滝を見にいくツアーに参加して、ガイドさんとはぐれて山道を迷う話。

映画を地でいくよう 危ない中高年そのものでした。

 

次からはくれぐれも気を付けます 本当。

 

 

そんな危ない登山の翌日は 五泉紅葉マラソン。

昨日の登山はトレーニングだったのか いや疲労を蓄積しただけなのか?

今年は気持ちの良い晴天の大会になりました。

 

昨年同様、ハーフの部に参加。

ボランティアの元気な中学生や地元の方の熱い応援に本当に励まされる大会です。

今年は12キロ位からきついのなんの 足が上がらない・・・これは登山の影響?

沿道のハイタッチや、チームメイトの声援やで なんとかゴール。

タイムは昨年と同じでしたが、今年は一層きつかった。

昨年はもっともっと練習していました 大会前に。

 

練習と結果は結び付くのですね。

なんて言いながらも、あれから2週間一度も走ってませんが^^;

そして、今年のエントリーは全て終了^^v 5キロ1回、10キロ1回、ハーフ3回。

充実のランニング年でした。

 

残念なのは、体重は全く減らず・・・まあこれだけ食べたいものを食べていれば当然ですが。