読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟で くらして

新潟市でお花の教室をしている講師の日常 旅が好き 食べるのが好き 体調微妙な年頃

最近みた映画とアレンジメントのレッスン

みたいな~と思った映画は残念ながら新潟上映はなく。

DVDのレンタルを待っていました。

 

リリーのすべて」「キャロル」「ルーム」全てアカデミー賞受賞の作品。「ルーム」は新潟でも上映があったかな。

金額の都合で借りた「娚の一生」トヨエツと栄倉奈々。

栄倉奈々は地味な格好でもスタイル良くて十分かわいいと素材の良さを確認し、トヨエツ好きだけど、こんなストーリーあり得ない と受け入れられない。

韓国映画も一本。タイトルを忘れてしまったけれど、韓国映画はたいてい復讐劇を借りますが借りたものは、なまぬるい内容。

ただ、イケメンの若い人でない、おじさんがカッコ良く見えるのは韓国の俳優さんの演技が上手いのでしょう。

 

さて、アカデミー受賞の作品の中での私の一番は「リリーのすべて」。

他の2本はあまり・・・

1926年の実話。始めは多重人格なのか?と思っていましたが、今の時代なら性同一性障害ということ。

当時は、全く理解されることはなかったのでは。

彼?の妻はそんな夫を見放すことなく、支え続ける。

ストーリーの説明がイマイチなので、ご興味のある方は是非みて下さい。

愛情の深さ?男女の愛ではない愛に、泣けました。

出来れば生きててほしかった 当時は無理だったのでしょう。

妻役のアリシアはもの凄く綺麗~。

 

主演はエディ・レッドメイン 私は知らない俳優さんだったけれど、「博士と彼女のセオリー」で主演男優賞を受賞していたのですね。

彼の他の映画がみたくて早速「博士と彼女のセオリー」もみました。

ただただ、凄い。演技が上手過ぎる。

博士とリリーを同一のエディが演じているなんて思えないくらい、役そのものでした。

こちらも実話。

 

実話なので話も重たく、あ~気軽なものも一本借りれば良かった。

 

 

DVDばかり見ているわけではありません。

本日は赤塚のレガロフラワーさんでフラワーアレンジメントのレッスンを行いました。

f:id:h-kiyo:20161012200041j:plainf:id:h-kiyo:20161012200105j:plain

アンティーク加工のボックスを使用してアレンジメント。

このボックス自体に存在感があるので、生花の後は多肉や観葉植物を入れておくだけでもOK。

クラシックな赤やピンクが似合うかな~と思って、お二人それぞれの作品が出来上りました。

生徒さんの作品は、私も凄く勉強になります。

ご参加いただきありがとうございました。 

 

今週末の自宅レッスンでも同様のアレンジメントを作製します。

材料は変わりますが、「不思議の国のアリス」をイメージしよう。