読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟で くらして

新潟市でお花の教室をしている講師の日常 旅が好き 食べるのが好き 体調微妙な年頃

北海道へ 結果は良好!想定外の旅 その2

カフェフェス当日。

外はずっと雨雨雨・・・ 

中止は避けたい なんて願いも・・・中止でした。

あ~本当に残念。

しかし、今に思えば主催者の方の決断は本当に断腸の思いだったことでしょう。

それも出展者やお客様の安全を考えての事。

その日は、落雷警報や、暴風警報も出ていたとの事でした。

 

さて、中止と決まったからには何か別のプランを考えないと。

まず頭に浮かんだのは、昨日電車で通り過ぎた 余市

余市 といえば、新潟のカーブドッチワイナリーを造った落氏のワイナリー オチガビがある!

早速、レンタカーを借りました。

 

余市 オチガビワイナリーの庭から臨みます 余市は青空。

f:id:h-kiyo:20160628224457j:plain

きれいな風景は絵画のようです。

f:id:h-kiyo:20160626220411j:plain

それはそれは、素敵なオチガビのレストラン。

 

到着した時に偶然、落氏に再会。

友人のお友達である落氏には何度か会ったことがあります。

万一、会えても 私達の事は覚えてないよね~と友人と話していましたが、びっくり!!

「お久しぶりです。よく来てくれましたね!」

と穏やかな笑顔で歓迎してくれました。

その笑顔で、来てよかった!って心底思いました。

f:id:h-kiyo:20160628224629j:plainf:id:h-kiyo:20160628224712j:plain

ランチの前菜とお肉。

ここでも旬のうにを食べられました お肉も美味しかった。

f:id:h-kiyo:20160628224744j:plain

お庭に咲くほたるぶくろ。

 是非、是非再訪したい気持ちで、オチガビワイナリーを後にしました。

 

ニセコに戻り、カフェフェス参加予定のカフェに出掛けました。

外は相変わらず、雨。

f:id:h-kiyo:20160629074944j:plain

カプチーノ ラテアートはハート。

若いご夫婦が経営するカフェ。

フェスが中止で、予定変更をせざるを得ない状況は出展者の方もそれぞれのはず。

ニセコを嫌いになっちゃいました?」の問いかけに

ハッとさせられました。

天侯という止むを得ない事情。

そんな事でニセコを嫌いになってほしくないという思いがひしひしと。

「そんなことありません!」

 

その後、教えてもらった洞爺湖へも出掛けました。

洞爺湖といえば、「しあわせのパン」のロケ地。

湖に三角の島?山?が見えるはずですが、雨の為にぼんやり ちょっと残念。

 

北海道は本当に広いです。

でも、道路事情も良く何処も混んでいない。

運転イマイチの私でも大丈夫でした。

 

翌日も雨。

新潟に帰る飛行機の時間まで是非とも出掛けたい場所 千歳市の meon農苑。

そこも友人の友人が経営するガーデン&カフェ 4年前に出掛けました。

きっと、お庭も成長しているはずです。

f:id:h-kiyo:20160629081413j:plain

f:id:h-kiyo:20160629081445j:plain

f:id:h-kiyo:20160629081521j:plain

f:id:h-kiyo:20160629081555j:plain

f:id:h-kiyo:20160629081622j:plain

f:id:h-kiyo:20160629081647j:plainf:id:h-kiyo:20160629081729j:plainf:id:h-kiyo:20160629081707j:plain

meon農苑はリニューアルしていて、雑貨や家具の販売はやめ食事の出来るカフェになっていました。

そのリニューアルの素敵なこと!このセンスはどうやったら身に付くの?って 

写真OKと言われましたが、店内を撮るのは遠慮しました。

北海道にお出かけの際は是非是非、おすすめです。

 

オーナーご夫妻は60代。スタッフもたくさん増えて若いかわいい感じの良い方ばかり。

私達のことは覚えてられませんでしたが、此処でも「よくいらっしゃいました」と歓迎してくれました。

その温かいおもてなしに、カフェフェスが中止になったことなどすっかり忘れ。

むしろ、中止にならなければ余市もこちらへも来られませんでした。

こんな素敵な時間を過ごせる事になり、当初の予定とは全く別ですが、結果は良好以外ありません。

 

旅は人との出会い繋がりと、つくづく思います。

突発的な出来事に、気づきがあって、価値観が変わるきっかけに。

 

長くなりましたので、私のつぶやきは次に続きます。