読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟で くらして

新潟市でお花の教室をしている講師の日常 旅が好き 食べるのが好き 体調微妙な年頃

一月の旅 伊豆川奈へ

大好きな文筆家、甲斐みのりさんの紹介するクラシックホテルの著書に登場します。

伊豆川奈の川奈ホテル。

ゴルフコースを2つ持つホテル。

ゴルフのお客様が殆どと思いますが、クラシックなホテルに泊まりたい!って理由で選択。

f:id:h-kiyo:20160131190049j:plain

ゴルフコースとホテルの全景。

 

なんとなく雰囲気が似てる、と思ったのは 妙高 赤倉観光ホテル。

そう、両方のホテルとも大倉財閥の別荘だったという歴史。

川奈ホテルは昭和11年。その後、赤倉観光ホテルがオープンしたそうです。

一緒に出掛けた母と、川奈ホテルの誕生は同じ年でした。

 

f:id:h-kiyo:20160131190151j:plainf:id:h-kiyo:20160127194918j:plain

エレベーターホールに向かう通路 重厚なロビー。

素敵なシャンデリアがあちらこちらに。 

 

到着が早かったので、ロビーでゆっくり過ごして、チェックインの後は出来たばかりの温泉施設へ。

f:id:h-kiyo:20160131192727j:plain

女性専用露天風呂。画像はホームページから借用。

画像通りの素晴らしい温泉 向かいは海!大島、新島まで見えます。

 

何が素晴らしいかと、夜は星空、大島の灯り。

朝は、日の出のオレンジの光の中、温泉に入れるというなんという贅沢。

寒い冬だからこその風景でしょうか、母も感激していました。

 

温泉の後はお夕飯です。

フレンチといきたい所ですが、母と一緒なので和食を選択。

f:id:h-kiyo:20160131190259j:plainf:id:h-kiyo:20160131190317j:plainf:id:h-kiyo:20160131190344j:plainf:id:h-kiyo:20160131190411j:plain

お夕飯の和食会席の一部。お刺身もアワビも凄く美味しい。

金目鯛が有名な伊豆 蒸し物で登場ですが、お醤油で甘辛に煮付けた金目鯛もいいな~^^;

f:id:h-kiyo:20160131190451j:plain

朝食は洋定食で。

綺麗なオムレツ ケチャップ乗せる前に撮れば良かった?

 

オリジナルのお皿には富士山と、大島が描かれてます。

このお皿ほしい~と思いましたが、残念非売品でした。

赤倉観光ホテルでは妙高が描かれたお皿やカップが購入可能でした。

 

チェックイン時に、初老の紳士のスタッフさんが館内のあれこれを説明下さり、お部屋まで案内してくれました。

そのスタッフさんの、なんて感じの良いこと。

川奈ホテルの顔なんだな~と。

そして、どこですれ違うスタッフさんも皆さんとても感じが良かった。

おもてなし力の高さを感じました。

 

お部屋に案内していただいた時、日の出は6時46分と教えていただきました。

大島の横から上がりますよ^^

f:id:h-kiyo:20160131190519j:plain

少しだけ雲もありましたが、ばっちり。

f:id:h-kiyo:20160131190542j:plain

5階のエレベーターホールの前から富士山も見られます。との事なので一枚。

その日は、大寒波の日でしたが、伊豆は青空で晴天 富士山もくっきり見えました。

 

f:id:h-kiyo:20160131190603j:plain

今年は暖冬の為、すでに寒桜も咲いています。

この季節に川奈に来て本当に良かった^^v

 

来年もこの季節に来ようね!

母が元気で、来年も同じように日の出が見られるようにと願います。