読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟で くらして

新潟市でお花の教室をしている講師の日常 旅が好き 食べるのが好き 体調微妙な年頃

ありがとう2015年

31日に更新を と思っているうちに年が明け。

年末は29日までお花屋さんの季節仕事もあり、毎日帰宅は夜10時過ぎ・・・

掃除はあきらめ^^;年賀状はぎりぎり31日に投函しました。

 

実家の母へ送る、お正月リースもなんとか、31日に到着。

一夜飾りでごめんなさい。と伝えたところ、華やかな飾りで嬉しいと喜んでくれました。

弟が亡くなってから、お正月を迎える設えを何もしなくなった父でした。

16年経ちました。

父も亡くなって10年になります。

昔、お父さんが設えたように、玄関に飾ったよ。と電話越しの母の元気な声が聞けました。

一人で暮らす母も10年目。

どうか母が、もう悲しい目に遭いませんようにと願いながら、リースにひいらぎを挿しました。

 

さて、年末は有難いことにレッスンが立て続け。

f:id:h-kiyo:20160101002110j:plain

亀貝の産直市場 JAいっぺこーと でレッスン。

 

 

f:id:h-kiyo:20160101002206j:plainf:id:h-kiyo:20160101002233j:plainf:id:h-kiyo:20160101002254j:plain

「水曜日に飾るお花」は年末の日曜日に新潟市文化財旧小澤家住宅で。

 

真ん中の写真の右側の花材 アンスリウムがなぜかボロボロ・・・

レッスンの日は強風吹き荒れる朝でした。

自宅を出た瞬間突風に遭い、花を入れたバケツが倒れあっという間に千両とアンスリウム1本が車道に><

片手で台車を押さえていたので追いかける間もなく車道に飛んだ千両とアンスリウムは車にひかれました。

幸いその日は友人がレッスンの手伝いに来てくれる日 友人に準備を頼み、

会場近くのお花屋さんで千両は買い直せましたが、アンスリウムは無く、車にひかれたのを私の見本で使うことに。

 

なんとか間に合い、事情を話しながら、アタフタとレッスンを始めたところ、年上の生徒さんに

よかったですね 千両が身代わりになってくれましたね と。

そうです 突風で飛んだのが千両でなくて、押していた台車だったり、バケツだったりしたら、通っていた車を直撃したり、大事故を引き起こしていたかもしれません。

 

本当に何が起こるか解りません。

それでも最少限で済んだ事をプラスに考える知恵を授けていただける、有難い生徒さん達と落ち着いて手伝ってくれた友人に感謝です。

 

何年も通って下さっている方、職場の同僚、元同僚、初めましての方もたくさんの年末のレッスンでした。

アレンジの少しのテクニックと、楽しい時間を過ごしていただきたい。をコンセプトにレッスンしていますが、私こそ皆さんから楽しい時間をいただいています。

2015年もたくさんの楽しい時間をありがとうございました。

 

御用納めで上司からの言葉に、

何が起こるかわからない明日だからワクワクするとのお話が。

若い頃、同じことを聴いた時はうんうん全くその通り!と思いましたが、

今は平穏に毎日を同じように過ごせたらと思います。

 

平穏で、健康であることを感謝して 2016年もどうぞよろしくお願い致します。

f:id:h-kiyo:20160101002322j:plain