読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟で くらして

新潟市でお花の教室をしている講師の日常 旅が好き 食べるのが好き 体調微妙な年頃

春のお花にワクワク

いつもご注文ありがとうございます。

卒業のお祝いに お疲れ様でしたの敬意に。

f:id:h-kiyo:20170302200645j:plainf:id:h-kiyo:20170302200706j:plainf:id:h-kiyo:20170302200727j:plain

イエロー系とブルー系でご注文。

 

毎日、お夕飯の事を考えてた生活ももう少し。

久しぶりにお花の仕入れに出掛けたら、春のお花でいっぱい^^

ワクワクが止まりません!!

あれもこれも連れて帰りたい。

 

お花スイッチ入りました!

次回は今月の教室予定を必ず更新致します。絶対・・・

新しい門出を祝して

ご子息様の結婚のお祝いに。

 

「新しい門出を祝して!」とのメッセージを添えて下さい。とのご希望でした。

遠く離れた場所で、新しい家庭を築く息子さん。

ただただ、温かく見守るご両親のお気持ちを感じます。

f:id:h-kiyo:20170227204952j:plain

ピンクベースで暖色系で とのご希望。

いつもよりかなりラブリーな仕上がり。

 

明日到着。

どうか、気に入って頂けることを願っています。

やめた訳ではなくて

ご無沙汰しました。

あっという間にひと月が過ぎようと・・・

 

状況の変わる出来事、それに伴う色々な気持ち。

書き留めておきたい と思いながらも日々に追われています。

 

娘は新しい家族を迎える事が出来て、私には、血のつながった人が一人増えて^^^^^^

 

存在するだけで幸せで 

その人それぞれに、そういう存在があるよな~ としみじみ。

それは、人に限ったことではなくて、動物でも植物でも。

 

というわけで、食事の支度と片づけに追われているひと月です。

もう少しで役目が終了?いや、ちょっと延びる?どんなでしょう。

 

苦手な食事の支度が続くなか気分転換はランニングとフラワーアレンジメント。

f:id:h-kiyo:20170226171232j:plain

時間のはざまに集中して作製。

iichiに出品中です。

 

 

 

 

食の記憶

グレーテルのかまど という番組があります。

美味しそうなお菓子を毎週紹介。

先日はミルクセーキ。

f:id:h-kiyo:20170124214409j:plain

懐かし~!!

ミルクセーキ 昔飲みました^^

赤いサクランボが乗ってた。

 

家でも作りました。

卵黄と牛乳と砂糖 温かくないなら、生卵に牛乳を混ぜた飲み物?それも火を通してない!!

考えたら、生卵食べられないのに、なぜミルクセーキは大丈夫だったのか。

ミルクセーキを作るために泡だて器とバニラエッセンス買ったよな~と。

 

バニラエッセンス 当時、衝撃的なものでした。

こんなに美味しそうなにおいの液体あるんだ~と。

いっぱい入れたらもっと美味しい・・・いや入れすぎは決して美味しくなくて。

 

小学生でした。

本当に大昔の事です。

 

今、ミルクセーキに出会っても多分注文はしないでしょう。

懐かしい記憶の中の飲み物。

コーヒーフロートとか、プリンアラモードとかと同じ位置づけかな?

 

パンケーキじゃなくて、四角いバターがのったホットケーキ食べたい。

 

f:id:h-kiyo:20170124215924j:plain

職場の同僚から頂いたローズマリーでキッチンリース作り。

シャンパンの栓を飾りにしました。

 

まだまだ変われる

週末の東中通り

初めての場所は場違いじゃないの という不安な気持ちが・・・

でも、こういう時こそ作っても笑顔で行こうと決めて、ドアを開け。

 

その日は大好きな文筆家甲斐みのりさんのトークショーが、マクロビカフェ「マリールウ」で行われました。

甲斐みのりさんとオーナーは15年以上にわたる親友なのだそうです。

 

甲斐さんは、私の所属するマミフラワーの月刊誌に連載を持っていられます。

2年前の東京セミナーの講演では、「好き」探しをテーマに その前向きな考え方に感銘を受けました。

週末のトークショーも「自分の☆を見つける」

顔の見えない人の付けた評価ばかりに惑わされないで、自分が好きと感じたところだけを信用していく。

そして、いっぱいの「好き」は自分の自信。

人を羨んだり、人と比べることもしなくて良くなるはず。

 

そんなに広くはない店内に4,50人は座ったかと。

最前列で甲斐さんのお話を膝を突き合わせるような距離で聞けて、嬉しくて笑顔が止まらない なんだか泣きそうでした。

 

トークショーの最後には、お決まりの質問は?の問いかけ。

オーナーの、新潟の人は遠慮深いから、後で個人的にお話しでも と一旦止めましたが、甲斐さんの変われる機会です という投げかけに一人二人手が上がり。

最後にもう一人と言われ、手を上げました。

 

質問があった訳ではありません。

ただ、お話しに感銘した感謝を伝えたかった。

 

50年以上生きていますが、知らない人ばかりの中、手を上げて自分の気持ちを話すなんて事、多分一度もないと思います。

職場の打ち合わせ、学校の保護者会 顔を知っている人の中で発表することはあってもです。

自分がしたことのないことをするって不安ですが、何か一つ変われた気もします。

 

そんな貴重な体験をこの歳でも出来たのは、甲斐さんのお話しがあったから。

トークショーを企画してくれた東中通りのマリールウさん、イベントに申し込んでくれた友人のお蔭さまです。

 

人前で話す場面の多い人もいっぱいいます。

慣れてはいるだろうけど、反応だって気になるはず。

だから、人の話は温かい心で聞こうと思います。

 

幸い私は最前列だったので、後ろの皆さんの反応を見れなくてよかったのですが^^;

 

f:id:h-kiyo:20170122211946j:plain

今月、売れたリースの4個目。

京都にお送りしました。

花で彩る 旧小澤家住宅 体験レッスンありがとうございました

週末の大雪も、今朝は少し落ち着くのでしょうか。

「花で彩る」 生徒さんと一緒にフラワーアレンジメントを展示中。

足元が少しだけ良くなったかな~ 新潟市文化財 旧小澤家住宅に是非、お出かけ下さい。

 

日曜日はワンコインで体験レッスンをさせて頂きました。

たくさんのお申し込みを頂き、嬉しい限り。

こんなに雪が積もって、大変な日になってしまいました。

キャンセルがあっても仕方ないな・・・と思いましたが、お申込頂いた皆さま全員お越し下さり感謝感謝です。

ありがとうございました。

 

雪の旧小澤家住宅 

f:id:h-kiyo:20170117065519j:plain

f:id:h-kiyo:20170117065447j:plain

f:id:h-kiyo:20170117065550j:plain

いつも作品を置いて撮影する場所。

いつもとは違った風景。

 

飛び込みで参加下さったお客様の一言。

「こんな雪の日に家に居てもつまらないから出掛けてきたの」

なんだか嬉しくなりました。

こんな雪だから一歩も出られない と考えがち。

心づもりひとつで、見え方が違うのですね。

 

十日町の小学校では、先生方は生徒の登校一時間前に出勤して除雪作業とのこと。

登校してきた女の子のインタビューの一言。

「雪がいっぱい降って登校が楽しみでした」

 

新年の心がけは、どんな状況でも取りあえず笑顔だったはず・・・

新年早々なのに、その心がけを忘れる場面もすでにあって。

法律やら状況やら、自分ではどうにもならないなら、流れに沿うしかないでしょう。

ならば、取りあえず笑顔で受け止めて。

またまた、人間修行中。

 

手作りサイト iichiでの販売が好調中^^

f:id:h-kiyo:20170117065613j:plain

雪が積もったので、雪の上で撮影。

雪国ならでは^^

 

花で彩る IN 新潟市文化財旧小澤家住宅

新潟市にも雪が降りました。

晴天のお正月に違和感を感じていましたが、明日の朝はこれぞ新潟!!という風景になっているかな。

明日が仕事の長男は、いつもより早く出掛けないとなのですが・・・

 

今年も、新潟市文化財旧小澤家住宅でのフラワーアレンジメントの展示が始まります。

f:id:h-kiyo:20170113213325j:plainf:id:h-kiyo:20170113213347j:plainf:id:h-kiyo:20170113213419j:plain

会期前なので、私の作品のみ。

右側2点は、以前から作ってみたかった、マミフラワーオリジナルのコンバイントピース。

ひとつひとつの花束を集めて大きなアレンジメントに。

パーティーなどで、一人ずつお持ち帰りになれるようなデザインです。

 

お年始のプレゼントに というのがコンセプトなので、上のほうにはプチ獅子舞がいます。

ぜひ、実物を見にきて下さい。

 

もちろん、生徒さんの力作も並んでいます。

会期は1月14日から22日 午前9時半から午後5時。16日は休館日です。

 

 

15日、日曜日は体験レッスンも致します。

午前10時半から午後3時まで。

料金は500円。別途入館料160円が必要です。

 

旧小澤家のお正月の室礼や雪のお庭を見て、お帰りには可愛い花束をお持ち帰りになって下さい。

お申込先は khas010@yahoo.co.jp または、旧小澤家住宅 025-222-0300まで

若干、まだお席があります。お早めにどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:h-kiyo:20170113213438j:plain

作製見本。